アミノ酸事典-アミノ酸の知識・ダイエット・サプリメント-

必須アミノ酸であるフェニルアラニンの働きや効果、副作用について説明しています

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、体内で生成することのできない必須アミノ酸のうちのひとつです。食物から摂取されたフェニルアラニンは、体内でチロシンになり、脳内に送られると神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの材料となります。フェニルアラニンは、精神安定やうつ症状の緩和に効果がありまた、甘味料の材料としても使われていて、食欲を抑える効果があります。

DLフェニルアラニン

天然のフェニルアラニンから生成されるDLフェニルアラニンは鎮痛剤として利用されていて、関節リウマチや腰痛、頭痛などの慢性的な痛みを緩和するために使われています。フェニルアラニンは、必須アミノ酸のため食物から摂取しなければなりませんが、多くの食品に含まれているので、偏食などをしていないかぎり不足する心配はありません。フェニルアラニンを過剰に摂取した場合、血圧が上がる可能性があるため、高血圧の人や妊婦さんは注意する必要があります。

Copyright 2008-2013 アミノ酸事典-アミノ酸の知識・ダイエット・サプリメント- All Rights Reserved.