アミノ酸事典-アミノ酸の知識・ダイエット・サプリメント-

必須アミノ酸であるヒスチジンの働きや効果、副作用について説明しています

ヒスチジン

ヒスチジンは、体内で生成することのできない必須アミノ酸のうちのひとつです。ヒスチジンは、成長に関する働きがあるのですが、大人の体内では生成することができますが、子供は生成することができないため必須アミノ酸となっています。ヒスチジンは、慢性関節炎の症状を改善したり、ストレスなどを軽減する作用があります。

ヒスチジンを多く含む食品は、イワシ、サンマ、かつお、まぐろなどの青魚やチーズ、大豆にも含まれています。ヒスチジンは、体内でヒスタミンに変化します。ヒスタミンアレルギー反応を引き起こす物質なので、アレルギー体質の人が、ヒスチジンを多く含むこれらの食品を過剰に摂取した場合、アレルギーの症状が悪化する恐れがあります。

Copyright 2008-2013 アミノ酸事典-アミノ酸の知識・ダイエット・サプリメント- All Rights Reserved.