アミノ酸事典-アミノ酸の知識・ダイエット・サプリメント-

非必須アミノ酸であるグルタミン(グルタミン酸)の働きや効果について説明しています

グルタミン(グルタミン酸)

グルタミンは、非必須アミノ酸のひとつで、脳の働きを正常にコントロールする働きがあります。アンモニアは脳の機能を妨げる性質があるのですが、グルタミンは、そのアンモニアを体外に排出する効果があります。また、グルタミンは、昆布やしいたけのうまみ成分として知られていて多くの食物に含まれています。

グルタミンの副作用

「味の素」という化学調味料がありますが、これは食品からうまみ成分を抽出したものです。化学調味料は、レストランや食堂、ファーストフードなどの外食産業では頻繁に使用されているので、グルタミンが不足することはほとんどありません。むしろ過剰摂取に注意しましょう。 とり過ぎると神経が高ぶったり、手足のしびれを感じるようになります。アミノ酸サプリメントなどを常用している人は、成分表などでグルタミンの含有量を確認するようにしてください。

Copyright 2008-2013 アミノ酸事典-アミノ酸の知識・ダイエット・サプリメント- All Rights Reserved.